今月のキャンペーンについて
WEB予約
友達追加
施術案内
アクセス
コラム

額へのヒアルロン酸注入のダウンタイムの期間と症状を徹底解説

額(おでこ)へのヒアルロン酸注入は、丸く可愛らしい印象にしたりシワを改善したりする施術です。

切開を必要としないため、肌を傷つけないと人気ですが、気になるのがダウンタイムではないでしょうか。

そこで本記事では、額へのヒアルロン酸注入で起こりうるダウンタイムの症状や期間について、詳しく解説していきます。

また、合わせてダウンタイムを長引かせない方法もご紹介しています。

額へのヒアルロン酸注入を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

目次

  1. 額へヒアルロン酸注入をした際のダウンタイムは数日~2週間程度
  2. ダウンタイムに起こる可能性がある症状
  3. ダウンタイムが長引く場合はすぐにクリニックに相談しよう
  4. ヒアルロン酸注入後にやってはいけないこと
  5. ダウンタイムを最小限に抑えるならクリニック選びも重要なポイント
  6. 東京でヒアルロン酸注入をするなら東京ココセランクリニック
  7. まとめ

額へヒアルロン酸注入をした際のダウンタイムは数日~2週間程度


額へヒアルロン酸注入をした場合、ダウンタイムは数日〜2週間程度です。

ヒアルロン酸注入は、基本的にダウンタイムが軽く、中にはほとんどない人もいるほど。

しかし、額にはさまざまな血管や神経が通っているため、他の部位より症状が出やすかったり、長引いたりする傾向にあります。

ダウンタイムに起こる可能性がある症状

ヒアルロン酸注入のダウンタイムで、起こる可能性がある症状には以下のようなものがあります。

痛み

施術直後、麻酔がきれてからジンジンとした痛みを感じることがあります。

施術後2~3日ほどで引いていくのが一般的です。

ただし、痛みが長引く場合は早めにクリニックに相談するようにしましょう。

赤み

施術を受けた直後~3日ほど、患部に赤みが生じる可能性があります。

とはいえ、コンシーラーやファンデーションで隠せる程度であることがほとんどです。

内出血

施術時に注射針が毛細血管を傷つけることで、内出血が起こることがあります。

ただし、額は内出血が起こることは少なく、皮膚の薄い涙袋やほうれい線への施術で起こることが多いです。

基本的に数日~2週間ほどで消えていきます。

また、万が一内出血が起こってしまっても、メイクでカバーできる程度のことがほとんどです。

腫れ・むくみ

ヒアルロン酸は親和性のため、水分を吸収して腫れやむくみなどの症状を引き起こすことがあります。

基本的に時間の経過とともに少しづつ馴染んでいきますが、長い場合は完全に治まるまでに2週間ほどかかることも。

ヒアルロン酸の注入量が多いほど、腫れや内出血は起こりやすい傾向にあります。

そのため、施術後の腫れやむくみを抑えたい場合は、注入量を減らしたり2回に分けて施術を受けたりして、工夫するのもおすすめです。

ダウンタイムが長引く場合はすぐにクリニックに相談しよう

ダウンタイムの症状が長引く場合、アレルギー反応や感染症などを起こしている可能性があります。

ヒアルロン酸は人間の体内にもともと存在する成分のため、アレルギー反応を起こすことは稀ですが、遅れて反応が現れることもあるため注意が必要です。

また、注入したヒアルロン酸が血管を詰まらせて、血流障害などを招く恐れもあります。

痛みが引かない、腫れ続けているなどの症状がある場合は、早めに施術を受けたクリニックに相談するようにしましょう。

ヒアルロン酸注入後にやってはいけないこと

ヒアルロン酸注入後のダウンタイムを長引かせないためには、施術後の過ごし方も重要なポイントです。

ここからは、ダウンタイム症状を悪化させないために、やってはいけないことを3つご紹介します。

患部を触る・擦る

施術後に何の症状がなかったとしても、少なからず患部はダメージを受けている状態です。

患部を触ったり擦ったりすると刺激となり、腫れや内出血、痛みなどの症状が現れることがあります。

施術直後からメイクや洗顔は可能ですが、できるだけ強い刺激を与えないように気を付けましょう。

飲酒

ダウンタイムの症状を悪化させないためには、施術後1週間ほどは飲酒は控えるのがおすすめです。

アルコールには血管を拡張し、血流を促進する作用があります。

そうすると、痛みや腫れなどの症状が悪化してしまいやすいのです。

また、過度に飲酒するとむくみがでやすくなり、治りが悪くなってしまいます。

激しい運動やサウナ・長風呂

激しい運動やサウナ、長風呂などの血行を良くする行為も、ダウンタイムを長引かせてしまいます。

施術後1週間ほどは、このような行為は控えるようにしましょう。

ダウンタイムの症状がでているうちは、入浴はシャワーで済ませるようにしましょう。

また、日常生活を送る分には問題ありませんが、できるだけ安静にして過ごすのがおすすめです。

ダウンタイムを最小限に抑えるならクリニック選びも重要なポイント

ダウンタイムを最小限に抑えるためには、クリニック選びも重要なポイントです。

簡単な施術だと思われやすいヒアルロン酸注入ですが、実は医師の技術力によって仕上がりの質が変わりやすい治療といわれています。

個人差もありますがダウンタイムの出方も、医師の腕によって大きく変わるため、経験豊富で技術の高い医師のもとで施術を受けるのがおすすめです。

東京でヒアルロン酸注入をするなら東京ココセランクリニック

東京でヒアルロン酸注入が上手いクリニックなら、東京ココセランクリニックがおすすめです。

形成外科の専門医が、1人ひとりにあった薬剤や量をご提案し、あなたの希望に沿った似合う額に仕上げます

また、高い技術力だけでなく、最新の設備にこだわっているのも、東京ココセランクリニックの特徴です。

施術には先端が丸く、柔らかい「マイクロカニューレ」と呼ばれる針を使用します。

ヒアルロン酸注入の中で最も痛いといわれる額への注入も、最小限の痛みで施術が可能です。

さらに痛みだけでなく、内出血や腫れなどのリスクも最小限に抑えられるので、ダウンタイムをできるだけ軽減したい方にも東京ココセランクリニックはおすすめです。

まとめ


額へのヒアルロン酸注入は、他の部位より痛みや腫れ、内出血などの症状が出やすいのが特徴です。

できるだけダウンタイムの症状を長引かせたくない場合は、施術後の過ごし方にも気を付けましょう。

また、クリニック選びもダウンタイムのリスクを軽減するための重要なポイントです。

東京ココセランクリニックでは、経験豊富な形成外科専門医が最新の技術・設備で施術を行うため、副作用やリスクを最小限に抑えます。

施術をまだ決めていない人の相談も可能です。

ぜひお気軽にご相談ください。

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事

PAGE TOP